2019年度社会保険労務士合格講座 みんなの社労士合格塾

ようこそ。社労士受験生サポートサイト「みんなの社労士合格塾」へ。

当サイトでは、過去問法改正学習法白書労働経済等々

社労士合格に必要な情報をご提供しています。

独学の受験生、何回もチャレンジしているけど結果がでない受験生。

テキストや参考書、過去問を解いても理解できない受験生。

そのような受験生のサポートサイトです。


[教材更新情報]

2018年11月7日 早回し過去問論点集 労災保険法 更新いたしました。 

2018年11月2日 ターゲット5000+ 労働者災害補償保険法更新いたしました


【2019年 試験対策 教材のお知らせ】


[2019年版 早回し過去問論点集 サンプル] 

ダウンロード
2019年早回し労働基準法サンプル.pdf
PDFファイル 3.3 MB

社労士 合格ブログ

学習法や法改正、白書対策や労働経済等の社労士合格のために必要な内容を更新しています。過去分はこちらです。⇒社労士 合格ブログ

2018年10月24日 労働者災害補償保険法 アフターケア制度

平成29年度の本試験で出題され戸惑った受験生も多かった問題ですが、

平成23年に5肢出題された実積がある問題です。

過去の記事は

社労士 合格ブログへ


労働基準法

労働基準法に関する過去問、通達、判例等々に関する内容

白書関係

厚生労働白書、労働経済白書 順次掲載中

横断学習

順次掲載予定

法改正

2018年、2019年版の法改正を科目ごとに記載しています。

2019年は、順次掲載中

社労士 学習法

テキストの読み方、暗記法、過去問の使い方、

本試験での問題の解き方、個数問題の解き方等々を記載しています。

判例

労働経済

[受講生 ログイン]

年金の受給額減額の仕組み №3

前回の続きです。

本来ならば、物価の変動に応じて年金の受給額を上下するところを、年金の受給額は据え置かれて2.5%高止まりの状態のままでしたようやく… ≫続きを読む

年金受給額減額の仕組み №2
年金の受給額は、物価や賃金変動率に応じて上下する仕組みで(物価スライド)、今年の4月以降(実際は6月支給分から)に関しては、賃金の0.3%上昇に応じて0.3%引き上げられるところ、特例水準の解消の影響により増えるはずが0.7%減額されます。 ≫続きを読む

年金の受給額の減額の仕組み №1

 国民年金や厚生年金の受給額が今年の4月分(支給は6月)から0.7%減額されます。

10万円の支給であれば、700円減らされるわけですが、消費税増税と相まって厳しい春を迎えます。 そもそも年金額は、受給開始時には「現役世代の賃金変動率」で改定され、受給中には「物価変動率」で改定されます。  ≫続きを読む

3分間選択式問題 健康保険法から

法40条2項3項 標準報酬月額等級区分の改定

毎年3月31日における標準報酬月額等級表の最高等級に該当する被保険者数の被保険者総数に占める割合が100分の1.5を超える…   

≫続きを読む

調整期間 国民年金法 厚生年金保険

国民年金法
政府は、財政の現況及び見通しを作成するに当たり、国民年金事業の財政が、財政均衡期間の終了時に給付の支給に支障が生じないようにするために必要な積立金(年金特別会計の国民年金勘定の積立金をいう。)を保有しつつ当該財政均衡期間に… ≫続きを読む

1分間Q&A[労一 労働関係調整法の問題から]

(問題)労働関係調整法の労働委員会による労働争議の調整流れは?

≫続きを読む

 

社会保険労務士の試験科目で罰則・罰金が重いのは?

労働基準法5条の強制労働の禁止に違反した場合に

1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金

 ということで、学習が進まれた方は難なく想起できると思います。

まだ、覚えていない方は、これを機会に覚えてください。≫続きを読む


社労士 過去問

過去問 科目別 3000問


[合格へのヒント]

社労士合格に必要な学習法等を記載しています。

[絶対に外せない目的条文]

社労士試験に必要な各法律の目的条文をピックアップ



[横断学習]

各法律を横断的に確認