ブログカテゴリ:社会保険労務士 勉強法



01日 2月 2014
店頭で販売されている社会保険労務士の過去問題集を見ると大方5年区切り、10年区切り、あるいは、数年間のピックアップの問題になっています。 はたして、何年間分の過去問に当たればいいのか? 悠々合格する為には、10年間分は必要です。 しかも、ピックアップされた問題ではなく全てに目を通す必要があります。 過去問は、繰り返し出題されます。...

03日 10月 2012
本試験では、難問、奇問が出題されることがあります。 その代表例として、世の中に存在しない法律・条文を作成して正誤を聞いてくるケースです。 そもそも世の中にない法律・条文を、いかにも存在しているように作成してきます。 以下、具体例として、平成23年に出題された問題です。...
01日 10月 2012
過去問の読み方から見ていきます。 過去問(当然本試験でもそうですが)は最初から最後の1文字まで均等に読むのではなく、『濃淡』を付けて読んでいきます。 例えば、平成14年の労働基準法の問題を見ていきます。...

10日 9月 2012
【判例の学習方法】 判例の学習方法について、受講生からよく質問を受けます。 特に労働基準法では、判例から出題されるケースがあります。 まともに判例を学習していくと、時間ばかりかかり効率が非常に悪くなってしまいます。 判例自体、難解な法律用語と難しい言い回しで、なかなか理解できません。...