一般常識

一般常識 · 24日 11月 2020
令和2年 厚生労働白書 【仕事と育児の両立支援策の推進(p197)】 育児・介護期は特に仕事と家庭の両立が困難であることから、労働者の継続就業を図るため、仕事と家庭の両立支援策を重点的に推進する必要がある。 直近の調査では、女性の育児休業取得率は82.2%(2018(平成30)年度)と、育児休業制度の着実な定着が図られている。...
一般常識 · 12日 11月 2020
令和2年 厚生労働白書 (4)結婚、出産、子育ての希望を叶えることができる環境整備(p170) 2020(令和2)年5月に、2025(令和7)年までの少子化対策の指針となる「第4次少子化社会対策大綱」が策定された(2020年5月29日閣議決定。以下「大綱」という。)。...
一般常識 · 11日 11月 2020
2近年の主な対応(p142) (1)就業率の一層の向上に向けた取組み 1 女性の活躍の場の拡大...
一般常識 · 10日 11月 2020
第3節 人生100年時代に向けて(p135) 1基本的考え方 「人生100年時代」がもはや夢ではない中で、長い人生を一人ひとりが多様なライフプランを描きながら、生きがいをもって暮らしていくことができる社会とするためには、特に、以下の取組みが重要になっている。 (1)健康寿命の延伸...
一般常識 · 09日 11月 2020
社会保障の担い手の動向(p128) 【平成の30年間に医療福祉就業者は大きく増加】 担い手不足・人口減少の克服に向けて(p131) 今後、本格的な人口減少が進む中で、経済・社会の両面から、労働力や就業者といった「担い手」の減少が懸念される。...

一般常識 · 07日 11月 2020
令和2年 厚生労働白書 第9節 社会保障制度をめぐる動向(p116) 社会保障制度の機能強化という観点から見ると、まず、介護保険制度の創設が挙げられよう。 高齢者介護は、従来、家族介護が基本とされ、それを補完する形で措置方式により介護サービスが提供されてきた。...
一般常識 · 06日 11月 2020
【社会保障の充実は、高齢の親に対する私的扶養の負担を軽減してきた】p81 社会保障においては公的年金の充実や介護保険制度の創設等によって、高齢の親に対する生活費の負担や日常的な世話、介護といった私的扶養の負担が軽減されてきた。...
一般常識 · 05日 11月 2020
6働き方の見直しの必要性(p47) 【ワーク・ライフ・バランスの希望と現実は、依然として乖離している】...
一般常識 · 04日 11月 2020
5 企業の雇用管理の変化と足元の雇用情勢(p43) 【賃金体系や福利厚生等の企業の雇用管理の在り方も変化している】 就業形態の多様化の背景には、働く側の意識の変化とともに、育児・介護等をしながら働く人、高齢期の人、心身の不調を抱えながら働く人など、働き方(時間、場所、ライフステージ等)に制約がある人が増加していることがある。...
一般常識 · 03日 11月 2020
令和2年 厚生労働白書 【非正規雇用をめぐる課題として、不本意非正規の問題のほか、正規雇用との間での賃金や教育訓練の格差が存在】p40...

さらに表示する