一般常識

一般常識 · 02日 10月 2022
独立行政法人についての横断学習です。 (1)独立行政法人労働者健康安全機構 ・関連法規⇒労働者災害補償保険法 ・役割⇒労災保険法に規定する社会復帰促進等事業の一部で、会社が倒産した場合の未払賃金立替払事業 (旧 労働者健康福祉機構) (2)独立行政法人福祉医療機構 ・関連法規⇒労働者災害補償保険法・国民年金法・厚生年金保険法...
一般常識 · 25日 10月 2021
労働経済白書(令和3年版) p21 第2節 就業者・雇用者の動向 労働市場への参加は、2019年まで着実に進展したが、2020年には感染拡大により縮小 就業状態別の動向をみると、労働力人口、就業者数は2013年から増加傾向にあり、2019年にはそれぞれ前年差56万人増、60万人増となった。...

一般常識 · 24日 10月 2021
令和3年版高齢社会白書 高齢化の現状と将来像 (1)高齢化率は28.8% 我が国の総人口は、令和2年10月1日現在、 1億2,571万人となっている。 65歳以上人口は、3,619万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)も28.8%となった。 65歳以上人口を男女別に見ると、男性は1,574 万人、女性は2,045万人で、性比(女性人口...
一般常識 · 23日 10月 2021
新規学卒就職者の離職状況を公表。 (令和3年10月22日 厚生労働省公表) ~令和2年度における新規学卒就職者の就職率は例年に比べ低下~ ~就職後3年以内の離職率は新規高卒就職者36.9%、新規大卒就職者31.2%~ 厚生労働省は、新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況について公表しています。...
一般常識 · 22日 10月 2021
介護保険制度の現状と目指す姿(令和3年 厚生労働白書p362) 2000(平成12)年4月に社会全体で高齢者介護を支える仕組みとして創設された介護 保険制度は今年で22年目を迎えた。 介護サービスの利用者は在宅サービスを中心に着実に増加し、2000年4月には149万...

一般常識 · 21日 10月 2021
医療及び介護の総合的な確保の意義 (厚生労働白書 p336) 急速に少子高齢化が進む中、我が国では、2025(令和7)年までにいわゆる「団塊の世代」が全て75歳以上となり、超高齢社会を迎える。 こうした中で、国民一人一人が、...

一般常識 · 20日 10月 2021
雇用調整助成金(令和3年 厚生労働白書)p282 (雇用調整助成金を活用した企業の雇用維持努力への支援の実施) 雇用調整助成金は、景気の変動、産業構造の変化等の経済上の理由によって事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的に休業、教育訓練又は出向を行って労働者の雇用の維持を図る場合に、休業手当、賃金などの一部を助成するものである。...
一般常識 · 19日 10月 2021
「ねんきんネット」と「ねんきん定期便」

一般常識 · 18日 10月 2021
社会保障協定(厚生労働白書 p312) ■国際化への対応 海外在留邦人等が日本と外国の年金制度等に加入し保険料を二重に負担することを防ぎ、また、両国での年金制度の加入期間を通算できるようにすることを目的として、外国との間で社会保障協定の締結を進めている。...
一般常識 · 17日 10月 2021
厚生労働白書p308 年金積立金の管理・運用 (1) 年金積立金の管理・運用の概要 年金積立金の運用は、「積立金が、被保険者から徴収された保険料の一部であり、かつ、 将来の保険給付の貴重な財源となるものであることに特に留意し、専ら被保険者の利益の ために、長期的な観点から安全かつ効率的に行う」ことが法律で定められている。...

さらに表示する