労働基準法

(労働条件の原則)
第一条  労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。続きを読む…

労働安全衛生法

(目的)
第一条  この法律は、労働基準法 (昭和二十二年法律第四十九号)と相まって、労働災害の防止のための危害防止基準の確立、…続きを読む…

労働者災害補償保険法

(目的)

第一条  労働者災害補償保険は、業務上の事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため… 続きを読む…


雇用保険法

(目的)
第一条  雇用保険は、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に必要な給付を行うほか… 続きを読む…

労働保険料徴収法

(趣旨)
第一条  この法律は、労働保険の事業の効率的な運営を図るため、労働保険の保険関係の成立及び消滅…続きを読む…

健康保険法

(目的)
第一条  この法律は、労働者又はその被扶養者の業務災害(労働者災害補償保険法 第七条第一項第一号 に規定する業務災害をいう。)・・・ 続きを読む…

国民年金法

(国民年金制度の目的)
第一条  国民年金制度は、日本国憲法第二十五条第二項 に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によって国民生活の安定… 続きを読む…

厚生年金保険法

(この法律の目的)
第一条  この法律は、労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。

労務管理その他の一般常識


雇用対策法

(目的)
第一条  この法律は、国が、少子高齢化による人口構造の変化等の経済社会情勢の変化に対応して、雇用に関し、その政策全般にわたり…続きを読む…

職業安定法

(法律の目的)
第一条  この法律は、雇用対策法 と相まって、公共に奉仕する公共職業安定所その他の職業安定機関が関係行政庁又は関係団体の協力を得て…  

労働者派遣法

(目的)
第一条  この法律は、職業安定法 と相まって労働力の需給の適正な調整を図るため労働者派遣事業の適正な運営の確保に。… 続きを読む…

高年齢者雇用安定法

(目的)
第一条  この法律は、定年の引上げ、継続雇用制度の導入等による高年齢者の安定した雇用の確保の促進…続きを読む…

障害者雇用促進法

(目的)

第一条 この法律は、身体障害者又は知的障害者の雇用義務等に基づく雇用の促進等のための措置、雇用の分野における障害者と障害者でない者との均等な機会…

続きを読む…


青少年の雇用の促進等に関する法律

(目的)
第一条  この法律は、青少年について、適性並びに技能及び知識の程度にふさわしい職業(以下「適職」という。)の選択並びに職業能力の開発及び向上に関する措置等…続きを読む…

男女雇用機会均等法

(目的)
第一条  この法律は、法の下の平等を保障する日本国憲法 の理念にのつとり雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を図るとともに…続きを読む…

育児介護休業法

(目的)
第一条  この法律は、育児休業及び介護休業に関する制度並びに子の看護休暇及び介護休暇に関する制度を設けるとともに、…続きを読む…

パートタイム労働法

(目的)
第一条  この法律は、我が国における少子高齢化の進展、就業構造の変化等の社会経済情勢の変化に伴い、短時間労働者の果たす役割の重要性が増大していることにかんがみ…続きを読む…

次世代育成支援対策推進法

(目的)
第一条  この法律は、我が国における急速な少子化の進行並びに家庭及び地域を取り巻く環境の変化にかんがみ、次世代育成支援対策に関し、基本理念を定め、並びに国、地方公共団体、事業主…続きを読む…

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律

(目的)
第一条  この法律は、近年、自らの意思によって職業生活を営み、又は営もうとする女性がその個性と能力を十分に発揮して職業生活において活躍すること(以下「女性の職業生活における活躍」という。)が…続きを読む…

最低賃金法

(目的)
第一条  この法律は、賃金の低廉な労働者について、賃金の最低額を保障することにより、労働条件の改善を図り、もって、労働者の生活の安定、労働力の質的向上及び事業の公正な競争の確保に資するとともに、国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

賃金の支払い等に関する法律

(目的)
第一条  この法律は、景気の変動、産業構造の変化その他の事情により企業経営が安定を欠くに至った場合及び労働者が事業を退職する場合における賃金の支払等の適正化を図るため…続きを読む…




 

 

順次掲載中