社労士試験は忘却との戦い エビングハウスの忘却曲線

エビングハウスの忘却曲線

社労士試験は忘却との戦い(エビングハウスの忘却曲線)


記憶と忘却時間の関係を理解するのに「エビングハウスの忘却曲線」というのが有名です。

 

ご存じの方も多いかと思います。

ドイツの心理学者であるエビングハウスは、意味のない3つのアルファベットの羅列を、被験者に覚えさせ、その記憶がどれくらいのスピードで忘れてしまうのかを実験したものです。


実験結果は
20分後⇒42%
1時間後⇒56%
1日後⇒74%
1週間後⇒77%
1ケ月後⇒79%
が忘れてしまうという結果が出ました。

 

この結果から判明できることは
●記憶というものは、覚えた直後に、半分近く忘却してしまう。
(さらに悪いことに、授業を聞いて満足してしまい覚えたつもりになっている。)
●残った記憶は、ゆっくり忘れていく。
●運よく残った記憶は長く保持される。

ではどうすれば、いいかというと

忘れかける直前に復習する。
といいたいところですが、「忘れかける直前」が不明確です。
 

では、いつ復習するのか?

それは・・・【今日中】です。
例えば通学生であれば、その日の授業はその日のうちに復習する。
明日ではありません。今日です。


授業で疲れていると思いますが、帰りの電車の中とか、寝る前とか10分でも20分でも
構わないので、重要な箇所やポイントをザックリと復習してください。

独学の方も、今日1日勉強した大きなポイントを寝る前にザックリ復習してみてください。

 

では2回目、3回目の復習は?

これについては、追ってまた更新していきます。