『竹中式マトリクス勉強法』幻冬舎より

竹中平蔵著『竹中式マトリクス勉強法』(幻冬舎)より

社会保険労務士の試験は理解する箇所も多く、覚える箇所も膨大です。

なかなか覚えられない、問題に対応できない・・・

そのような方に参考になる文章です。

 

『飽きるほど暗記と基礎を繰り返せ(p98)

(中略)

参考書ではなく問題集を暗記せよ

一般的に、丸暗記と言えば、教科書や参考書を暗記するのが王道と思われがちですが、これらは「設問」という形になっていないため、覚えた気になっていても、実は覚えていないことがあります。

その点、問題集を暗記すれば「こう聞かれれば、こう答える」という一種の反射神経で答えられるようになります。

 

一度かたずけた問題集を、何度も解くのです。

いや、解くというよりは、即答できるくらいまで、ひいては「もうこの問題は見るのもアホらしい」とウンザリするくらいまで、同じ問題集をしつこく繰り返すのです。』

 

なかなか点数が伸びない方には参考になるかと思います。