2022年 本試験対応 労働経済

令和2年度 雇用均等基本調査

令和3年 労働組合基礎調査

令和3年 労働力調査(総務省)


令和3年 障害者の雇用状況


令和2年 高齢者の雇用状況

令和3年度 毎月勤労統計調査


令和3年 就労条件総合調査

令和3年賃金構造基本統計調査

令和3年労働力調査 労働力人口

労働力人口=15歳以上人口のうち就業者+完全失業者

6,860万人

労働力人口(15 歳以上人口のうち,就業者と完全失業者を合わせた人口)は,2021 年平均 で 6,860万人と,前年に比べ8万人の減少(2年連続の減少)となった。

男女別にみると,男性は 3803 万人と 20 万人の減少,女性は 3057 万人と 13 万人の増加となった。

また,15~64 歳の労働力人口は,2021 年平均で 5931 万人と,前年に比べ 15 万人の減少と なった。男女別にみると,男性は 3252 万人と 20 万人の減少,女性は 2679 万人と6万人の増加となった。  

令和3年労働力調査 労働力率(労働力人口比率)

62.1%

労働力人口比率は 0.1 ポイントの上昇

労働力人口比率(15 歳以上人口に占める労働力人口の割合)は,2021 年平均で 62.1%と, 前年に比べ 0.1 ポイントの上昇(2年ぶりの上昇)となった。

男女別にみると,男性は 71.3% と 0.1 ポイントの低下,女性は 53.5%と 0.3 ポイントの上昇となった。

令和3年労働力調査 就業者数

就業者9万人減少

就業者数は,2021 年平均で 6667 万人と,前年に比べ9万人の減少(2年連続の減少)となった。

男女別にみると,男性は 3687 万人と 22 万人の減少,女性は 2980 万人と12 万人の増加と なった。