2019年版 社労士 ターゲット5000+


2018年版の「社労士 ターゲット」をさらに、解説と図解を詳細にバージョンアップした2019年は「図解で理解 ターゲット5000+(プラス)」

 

図解で理解し、独学でも学習可能な内容で準備を進めています。

1部準備中ですが、サンプルです。

2018年度 本試験終了後、新しい論点等を付加して更新していきます。

 

講師の解説レベルが1冊に集約

ダウンロード
●●2019 年  5000本 労働基準法 (準備中).pdf
PDFファイル 2.3 MB

社労士の試験の出題範囲は、広く覚える箇所も多いので相当な労力を要します。

テキストを開いても、分量の多さに圧倒されてしまいます。

 

そこで、【2018年版 社労士 ターゲット5000】では、下記を特徴にしたテキストになっています。

●条文順に短文による問題形式で記載

●条文、問題を図解で解説

●条文別に、過去の出題傾向を記載

●出題傾向を見ながらメリハリのある学習が可能

●記述式対応としてキーワードを穴埋めに 

●条文には、下線、マーカー等によりポイントが明快

●正誤が直ぐに確認できるので短時間での繰り返し学習が可能(直感学習)


過去20年間の本試験の重要な5000の論点(ポイント)を条文順に集約し、図解による解説をしています。

 

予備校での講師の解説レベルの内容で独学学習に最適です。

 

5000のポイントの全体像を把握し、覚えていくことにより、独学でも十分に合格ラインに到達可能です。

 

●各科目、条文ごとのポイントを把握する教材として

●再受験生の知識の忘却を防ぐ教材として

他の予備校、参考書等では同様の教材はありません

 

 

ターゲット5000 教材のポイント

重要ポイントが明確

参考書やテキストを読んでいても、いま一つポイントが分からないことがあります。

そこで、ターゲット5000では、

 

☑ どこを覚えればいいのか

☑ 条文のどこが重要なのか

☑ どこに落とし穴(ひっかけ)があるのか

 

過去問や通達等を短文で記載しているので読みやすく、ポイントが明確になります。

記憶の維持に最適

理解しても、覚えても頭の端から記憶がこぼれ落ちてしまう。

接触頻度、回転数を上げることによって記憶が維持されます。

 

参考書やテキストの回転だと分量が多すぎて、最後までなかなか行きつきません。

余りにも読む分量が多すぎます。

 

ターゲット5000では、

 1行から3行で文章を構成しているので、スムーズに読みこなすことが可能(複数行のケースもあり)

 

☑ 条文順になっているので、参考書、テキストでの確認もしやすい。

 

☑ 確認することにより、学習の進捗状態が把握できる。

 

☑ 条文ごとに出題実積を記載しているので、重要度が一目瞭然

 

2019年版をお申込み頂ければ、旧バージョンの2018年版 重要項目5000本ノックのログナンバーをお渡しします。

(注意)2018年8月31日までは、従来価格の3,000円ですが、2018年9月1日より4,000円になります。

お申込みは、お早めに

2019年版 社労士 ターゲット5000+(プラス)

¥3,000

  • 在庫あり
  • 『カートに追加』をクリックして頂くと、左サイドのメニューの下にショッピングカートがでてきます。1

2019年 ターゲット5000+(プラス)

2017年、2018年 ターゲット5000に申し込まれた方限定です。

¥2,000

  • 在庫あり
  • 『カートに追加』をクリックして頂くと、左サイドのメニューの下にショッピングカートがでてきます。1
科目 スケジュール
労働基準法 2018.09.20
労働安全衛生法

2018.10.10

労働者災害補償保険法 2018.10.31
雇用保険法 2018.11.20
徴収法 2018.12.10
健康保険法 2018.12.31
国民年金法 2019.01.25
厚生年金保険法 2019.02.15
労務管理その他の一般常識 2019.02.28
社会保険に関する一般常識 2019.03.10

教材のお申し込みは、下記のフォームからでも可能です。

教材購入と下記の番号を記載してください。

確認後、振込先の口座をメールいたします。

 

①2019年版 ターゲット5000+(プラス) 

 

メモ: * は入力必須項目です