· 

厚生年金・国民年金の平成30年度収支決算の概要

厚生労働省ホームページより(報道発表資料 令和元年9日)

 

厚 生 労 働 省 年 金 局

1. 厚生年金

(1)歳入は 47 9,827 億円であり、前年度より 287 億円減少している。

(主な変化)

保険料収入が被保険者数の増加等により 9,845 億円増加

・ 解散厚生年金基金等徴収金が納付基金数の減少等により 8,852 億円減少。

・ 年金積立金管理運用独立行政法人からの納付金が 1,800 億円減少。

 

(2)歳出は 47 3,863 億円であり、前年度より 9,630 億円増加している。

(主な変化)

厚生年金の給付費が年金受給者数の増加等により 1,393 億円増加。

・ 基礎年金勘定への繰入(基礎年金拠出金)が基礎年金に要する費用の増加等により

8,398 億円増加。

 

 

(3)以上の結果、平成 30 年度歳入歳出差は、5,963 億円となった。

2. 国民年金

(1)歳入は3兆 9,330 億円であり、前年度より 2,410 億円減少している。

(主な変化)

・ 一般会計からの受入(国庫負担)が基礎年金拠出金の減少により 1,157 億円減少。

・ 基礎年金勘定からの受入(基礎年金交付金)が基礎年金相当給付費の減少により 905

億円減少。

 

(2)歳出は3兆 8,130 億円であり、前年度より 3,477 億円減少している。

(主な変化)

国民年金の給付費が年金受給者数の減少等により 771 億円減少

・ 基礎年金勘定への繰入(基礎年金拠出金)が基礎年金拠出金按分率の減少により 2,468

億円減少。

 

 

(3)以上の結果、平成 30 年度歳入歳出差は、1,199 億円となった。

ダウンロード
2020年一般常識 №4年金平成30年財政.pdf
PDFファイル 97.6 KB