· 

横断学習 自動変更対象額

社会保険労務士の中で「自動変更対象額」という用語は、労働者災害補償保険法と雇用保険法で使用されます。

 

労働者災害補償保険法の場合は、最低保障額を意味しますが、雇用保険法のは、賃金日額の下限額・上限額、基本手当の日額の範囲のことを称します。

 

 

自動変更対象額の仕組み自体は、共通しているので、横断で学習することが必要です。