· 

初学者の方の社労士学習法

初学者の方の学習法

初学者の方へ

 

社労士の試験範囲は、広範囲に渡ります。

 

学習する順番は、労働基準法から始まり、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法と続くことになります。

 

一般的に、労基法や安衛法は、「やっていいこと、ダメなこと」等の規則(ルール)を学習することになりますが、労働者災害補償保険法から雇用保険、徴収法、健康保険、国民年金、厚生年金と保険の制度を使用した法律になります。

 

(中略)

 

 

まとめ

社労士の試験は、科目が多岐に渡り、日ごろ馴染みのない用語も多く、記憶との根競べになります。

そのためには、最初から深追いせずに、大きく大きく捉えながら繰り返し学習することが合格の近道です。

 

通学であれ、通信であれ、独学であれ、

 

最後は受験生本人が「絶対合格する」という強い意識を最後まで持ち続けるかどうかが合否を分ける大きな鍵です。

 

PDFを参照して下さい。

 

ダウンロード
初学者の学習法.pdf
PDFファイル 237.4 KB