過去問は繰り返される

労働基準法の平成25年問1Cの問題と平成14年問6Dの問題です。

【問題】派遣労働者に関して、労働基準法第89条により就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者である。

(平成25年 問1-C)
【問題】派遣労働者に関して、労働基準法第89条により就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者である。

(平成14年 問6D)  

 

 

昭和61年6月6日基発333号の通達からの問題で、正解の問題です。

 

論点としては

上記のような場合に、就業規則の作成義務を負うのは、派遣先なのか派遣元なのかを問う問題です。

 

平成25年の問題と平成14年の問題を確認すると一字一句違わず全く同じです。

重要な論点なので過去問は繰り返されるということです。