【質問】「死亡の推定」と「失踪(しっそう)宣告」の違いは?

【質問】「死亡の推定」と「失踪(しっそう)宣告」の違いは?
【解答】
「死亡の推定」は、船舶、航空機の事故に限定です。
船舶、航空機の事故により行方不明になり生死が3カ月間分からないときに、事故があった日に死亡したものと推定(みなし)します。
取りあえず1度区切ることにより、遺族に対しての保険を速やかに給付するための法律上の便宜です。
推定(みなし)なので、仮に本人が生きていることが分かれば、保険給付は遡って返還が必要になります。

 

 

「失踪(しっそう)宣告」には、特別失踪と普通失踪があります。
特別失踪は、戦争、災害等に巻き込まれ1年間生死が不明な時に、関係する者からの請求を受けて「死亡したもの」として宣告します。
普通失踪は、特別失踪以外で7年間生死が不明な時に同様に「死亡したもの」と宣告します。

 

「死亡の推定」は取りあえず死亡したものとみなします。

一方の「失踪(しっそう)宣告」は死亡したものと断定する内容になります。